2020年7月22日水曜日

「老犬たちの涙」台湾版


昨秋、上梓させていただいた「老犬たちの涙〜“いのち”と“こころ”を守る14の方法〜」の台湾版が完成し、見本が届きました。

台湾といえば、2017年2月、行政施設に収容された犬猫の殺処分を禁じる法律を施行。
施行当時の新聞記事によると、台湾では2011年頃から、行政施設から一般家庭などへの犬猫の譲渡率が高まり、2017年上半期で80%に。その理由として、「『犬は買うものではなく引き取るものだ』という小学校での教育や、雑種でも受け入れられるよう特定の品種犬を宣伝しない意識が普及した成果」が挙げられるとのこと。

一方、日本の行政施設に収容された犬猫の譲渡率は43%(犬46%、猫41%/環境省2018年度調べ)。少しずつ上向いてきているとはいえ、台湾に比べればまだまだ低い水準です。
収容された犬猫の中でも特に、高齢の子には譲渡先が見つかりにくく、真っ先に殺処分対象となってしまうのが現状です。

インドに次いでアジアで2番目に〝殺処分廃止〟を実現した台湾の人々が、本書を通じて、日本の老犬たちが捨てられ殺処分されている現状を知り、何を感じ、考えてくれるのか、、、機会があれば、読者の方の感想などお聞きしてみたいです。

日本の皆様もぜひ日本版「老犬たちの涙」(KADOKAWA刊)にて、私が本に込めたメッセージを受け止めていただけたら幸いです。








2020年7月18日土曜日

写真展「“いのち”のすくいかた」


犬 7,981、猫 38,430。
これは、人間に捨てられ、
行政施設で絶たれていった“いのち”の数です。
(2018年度/環境省最新調べ)

1997年の春、水色のゴミ袋に入れ
《犬(死)》と貼り紙をして捨てられていた白い犬の亡骸と遭遇したことをきっかけに、
人間の都合で、まるでゴミのように遺棄・放棄され〝処分”される犬猫たちの現実について取材を始めました。

家族の一員であるはずの犬猫の“いのち”と“こころ”が守られ、救われる社会を実現したい。
そのために、人間の言葉を話せないどうぶつたちの代弁者として、彼らの想いを、日本の現実を、1人でも多くの方の心に伝えたい。

本展は、そんな願いをこめて上梓した書籍「“いのち”のすくいかた」(集英社みらい文庫刊)収録写真による作品展です。

展示作品は、1998年から巡回写真展を開催している「どうぶつたちへのレクイエム」と、本の表紙にもなっている子犬のクウちゃんのストーリー。

「どうぶつたちへのレクイエム」は、行政施設に収容され殺処分のときを待つ犬猫たちの、最期の肖像写真。
クウちゃんの物語は、行政施設に収容されたのち、譲渡対象となった子犬のクウちゃんに新たな家族ができるまでのドキュメンタリーです。

どうぶつたちの運命は、出会う人間の意識によって、その明暗が分かれます。

本展を通じて、いのちを絶たれていったどうぶつたちの声なき声と、優しい家族に巡り合い幸せを掴んだクウちゃんの想いが、一人でも多くの方の心に届きますように。
そして、どうぶつとともに暮らすことの意味や責任について、改めて考えていただくきっかけとなれるよう、祈っています。







【会場】静岡市 蒲原生涯学習交流館 1階ロビー
 
【会期】2020年7月16日〜30日
    9時〜21時30分

【入場無料】

【主催】その小さないのち守りたいプロジェクト
    (代表/佐野ともみさん)

【問合せ先】電話090-1293-6979(佐野あやこさん)

2020年3月8日日曜日

巡回写真展「老犬たちの涙」スタート

不幸な老犬をゼロにしたい…そのために、老犬たちが捨てられている現実と、捨てられた老犬たちの声なき声、そして彼らを守り救うための方法を伝えたい…そんな想いで昨秋、「老犬たちの涙~“いのち”と“こころ”を守る14の方法~」(KADOKAWA刊)を上梓させていただきました。

その後、本を読んで下さった方々から、「自分が営むカフェに本を置いてお客様にも伝えています」「孫にも知ってほしくて、本をプレゼントしました」「辛いけど知らなければいけない現実。これから、自分にできることを考えていきたい」…そんな嬉しいお便りが届くようになりました。

私の願いは、この本にこめたメッセージが一人でも多くの方の心に届き、いつかすべての老犬たちが、家族の一員として愛情に包まれながら天寿をまっとうできる世の中になること。
…その手段の一つとして、今春から、書籍掲載作品の一部を展示する全国巡回写真展をスタートすることにしました。

現在のところ、第一弾は3/15に静岡県富士宮市で。その後、5月に大阪府枚方市、9月に大阪府茨木市での開催が決まっています。

また引き続き、本展の主旨にご賛同いただける主催者さまを大募集中です。興味をお持ちいただきましたらぜひ児玉までご一報ください。展示資材の貸し出し方法など詳細をお知らせさせていただきます。

掲載写真は、高齢のご夫婦に飼われていた老チワワ。認知症を患っていたこの子は、病気がちとなった飼い主さんから「これ以上、世話はできない」と手放され、行政施設に収容されました。


愛しく健気な老犬たちが、哀しい涙を流さずにすむ世の中にするためには、この厳しい現実を一人でも多くの人に知ってもらうことが第一歩になるはずだと信じています。

どうか皆様のお力をお貸しください。

書籍の方もぜひ、手にとっていただけたら幸いです。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000044/

以下、まずは第一弾の写真展概要をお知らせします。ちいさな命への愛あふれるイベント会場で展示していただけること、心から嬉しく思っています。静岡近郊にお住まいの方はぜひ足をお運びください🍀

《巡回写真展》
「老犬たちの涙~“いのち”と“こころ”を守る14の方法~」

☆会期 : 2020年3月15日(日)
☆会場 : 『第4回Forever運動、その手を離さない』イベント会場
   (焼き鳥元ちゃん/静岡県富士宮市杉田1321-3)
☆時間 : 10時~15時
☆主催(共催3団体) : 「その小さな命守りたいプロジェクト」「Earthwing」「いぬかい組」
☆イベント主旨 : 「繋いだ手はいつまでも離さない」という気持ちが、捨てられたり、保護されたり、殺処分される命を救う…そんな想いをこめて開催。会場では譲渡会や音楽ライブ、物販なども。
☆問合せメール bukizo111@yahoo.co.jp(佐野さん)

2020年2月1日土曜日

写真展「同伴避難」in 島根



『チャージ君は(福島県)双葉郡にある自宅に、お父さん、お母さん、お姉さんと一緒に暮らしていた。自宅は原発から20キロ圏内。地震のあった時、家族はみんな仕事に出かけていて、家ではチャージ君がひとり留守番をしていた。(中略)家族で、避難場所である近くの小学校へ向かうが、体育館の中は人で満杯。ペット同伴で屋内に入るのは無理と判断し、お父さんが、車の中でチャージと一緒に過ごした。その後、原発が爆発し、防災無線で「危ないから、南の方へ逃げろ!」との指令。「役場に集まってみんなでバスで避難する話になってたけど、犬は乗せられない。ほんの数日の避難だろうとは思ってたけど、チャーは怖がりで、1日でも家族がいないと寂しがっから、絶対、置いていけない」』(拙著「同伴避難 〜家族だから、ずっといっしょに…〜」(日本出版社刊)本文より)

本展は、東日本大震災および東京電力福島第一原発事故で被災され、家族の一員である犬や猫を連れて避難されたご家族の絆と、彼らを物心両面で支援した自治体(新潟県・新潟市)やボランティアさんの活動を綴った写真展。同名書籍掲載の写真&文の一部を展示していただきます。

添付写真は、冒頭でご紹介したチャージ君とお姉さん。2011年4月12日、新潟県内の避難所で撮影させていただきました。「大好きだった家にもいつ帰れるかわからないし、ニュースであっちの情報を見るたびに、泣きそうになる。そんな時でも、チャージのとこに行くと、甘えた声で鳴いてスリスリ寄ってきてくれて、そのまま離れないでず〜っとそばにいてくれるんです。私の気持ちをわかって、『大丈夫だよ』って励まされてる気がして、すっごく癒されるし、元気をもらえます」

写真展の会場は、島根県にある、わんこ同伴OKのカフェ『Wagging tail(ワギング テイル)』。“大切な息子”である2頭のわんこ、くう君&ムッシュ誉君と暮らすオーナーの峯谷紀巳子さんが、本展の趣旨にご賛同くださり開催していただくことになりました。この機会にぜひ足をお運びいただき、いざという災害時、家族の一員であるペットをどう守ればいいのかについて考えるきっかけにしていただけたら幸いです。本書は出版元の倒産により絶版になってしまっているのですが、お店に閲覧用の書籍サンプルを置いていただいていますので、そちらもあわせてご高覧くださいませ🍀

《写真展「同伴避難
  〜家族だから、ずっといっしょに…〜」》

【会場】カフェ『Wagging tail』
    (島根県松江市南田町 185)
【会期】2020年2月5日(水)〜25日(火)
    AM9時〜PM6時
    (定休日/12日、17日、18日)
【お問い合わせ】電話 : 0852-67-2960

↓ Wagging tail さんのFBページこちら ↓
https://www.facebook.com/Wagging-tail-628636767636804/

↓ 新潟県の公式サイトにある『備えよう!ペットの災害対策』が大変参考になります!
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/seikatueisei/1356772474704.html